BLOG用01.jpg
■所沢聖地霊園 追悼と志

● 先日東京出張の折に所沢にある所沢聖地霊園を訪れました。

IMG-9335 (1).jpg

 

この霊園の礼拝堂と納骨堂は今年逝去された早稲田大学名誉教授 池原義郎先生の設計によるもので、追悼の意味を込めて。

 

この作品は1974年日本建築学会賞を受けられた名作です。早稲田大の建築学科では設計製図のトレースの授業でこの図面を書くのが課題で、自分が学生のときはあのジグザグに配置された納骨室の意味などわかりませんでした。

 

今更ながら初めて訪れると、納骨堂は大地の中に埋め込まれ外部からは見えず、その天井から色ガラスを通した七色の光が降り注ぐ・・・その佇まいに深い感銘を受けました。

 

■ 自律する壁の表現

 

 この建築は全てが簡素ながら尋常でない「きめ細かさ」でできていますが、その中で自分が特に惹かれたのは構造体でありながら「やさしさとあたたかさ」をもって自由に展開する「自律した壁」の表現です。

 

 壁が周囲に伸び、曲がり、くり抜かれ、光が入る様子。ガラスや鉄骨、光と取り合う柔らかな曲線・・・それは生命の「よろこび」を表現しているかのようです。

 

 コンクリートでありながら、自分がいま「土」でつくろうとしているものと共通する精神が感じられ、頭が下がりました。

 

  大地と一体となった建築。・・・

 

その精神をもった建築を、模倣ではなく自分たちの時代にどうつくっていくのか?

 

と池原先生に問いかけられているように思いました。

 

 

その回答をお見せできるよう、志を新たに建築に取り組みたいと思います。

 

(写真:所沢聖地霊園 礼拝堂・納骨室パンフレットより)

 

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

Posted by 遠野未来 at 15:26 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■坂倉準三設計 旧加納邸 A型住宅見学

●建築家・坂倉準三氏の貴重なA型フレームの住宅、旧加納邸が軽井沢で磯野邸別荘として昨年復元されましたが、

そちらを昨日見学させていただきました。

IMG_3257.jpg

 

増築されている部分はありますが、元設計の部分は可能な限り復元されたとのことです。

 

1950年という戦後間もない物資難でつくられたにもかかわらずまだ十分使えること、何よりその空間の「実直な初々しさ」に感銘を受けました。

IMG_3271.jpg

Rの手摺が印象的な階段部分側から見る空間の不思議な奥行き、中軸ヒンジのドア、全体の中にアクセントとなる曲線を取り入れた家具、手摺に付けられたスイッチ・・・など、A型フレームの構造以外でも設計者の想いが伝わってきました。

 

改めて手を入れれば住いは長く生きていくことができる・・・そう感じました。

 

======================

地球とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。   www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  遠野未来建築事務所 

 

Posted by 遠野未来 at 09:20 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■11/28 長野県建築士会 「住宅省エネ」講習受講しました。

●全国で2020年義務化予定の「住宅の省エネ性能」の講習会が盛んに行われています。

IMG_1978.jpg

 

IMG_1981.jpg

 

その中長野県では独自に平成28年1月より新築時の確認申請の際に「建築物環境エネルギー性能」と「自然エネルギー導入」の書面検討・建築主への説明が義務付られました。

 

 その話は聞いていましたが、建築設計事務所として長野県に事務所を移転したのでその講習を受けてきました。 講習終了後に理解度を試す考査もあり、無事修了証をいただける予定です。

 

 これまでも「平成28年度省エネ基準」を意識して設計を進めていますが、これから設計する物件ではさらに、

 

この「平成28年度省エネ基準」をどう満たすか?

その中で特に「土と左官」を使う効果

 

を明確化し、建て主様に説明することを行い、建て主のみなさまと一緒に考えていきます。

Posted by 遠野未来 at 03:37 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■建築・文化の保存と育成・・・建築家アルヴァ・アアルトと吉村順三から考える

● 10/16 軽井沢の脇田美術館で「近代建築デザイン講義2016」としてフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトの建築の保存再生と日本の状況をディスカッションする会が行われ参加してきました。

 

 非常に多くの気付きと感銘を受けたシンポジウムでした。

02-2.jpg

 

 ■日本とフィンランドの建築文化の違い

 

 国際的に文化や学力水準が高いとされるフィンランドは建築憲章というものがあり、建築を文化として位置づけ、その質を市民が享受する権利があると定められている。それも含め過去の建築だけでなく、文化の中で建築がいかに重要かを国民一人一人が理解しており、近現代の建築も文化として残そうという意識が高い・・・そこが近代建築が文化遺産として評価されずスクラップアンドビルドされる日本との大きな違い。・・・

 

 その違いはなにか・・・一番の違いは「建築教育」にあるのでは・・・。

 

 フィンランドでは子どもたちに建築が文化としていかに重要かを学校や社会活動・絵本・・・様々な機会を通じきちんと教育が行われている。

 一方日本では、家づくりの木工の授業はあるとしても、大学や専門学校で建築の勉強をしない限り「建築」の意味や価値を学ぶ機会はないに等しい。その中で伝統建築以外の近現代の建築への評価が生まれる土壌がない・・・と。

 

 こどもたちや若い人に「建築を文化として伝えること」の大切さを改めて実感しました。

 

■ 脇田和アトリエ山荘見学

 

01.jpg

 

 それとともにその日の目玉が建築家・吉村順三氏設計の名作 脇田アトリエの特別見学会。

 

 数々の名作を生んだ吉村さんの中でもひときわ魅力的なこの建築。特に直角のない2階のリビングは常々訪れてみたいと思っていましたが、実際体験してみてその空間の心地よさ・豊かさ・素晴らしさ・・予想をはるかに超えるものがありました。

 

建築の持つ力。・・・この日参加された若い学生さん方のイキイキした目の輝きに心を打たれました。自分としてもそうですが、若い人たちの住まいや建築の原風景として大きく彼らの心に刻まれるでしょうし、これをきっかけに豊かな建築が生まれていくことを願います。

 

 現在は年数回の見学会やシンポジウムでしか特別公開されていないこのアトリエ。

 

 あと数年で築50年になり文化財としての今後の活用も期待されますが、住まいや建築を志す方で体験されていない方はぜひ訪れていただきたいです。

 

 今週も建築ワークショップがあり特別公開されますので、思うところのある方はぜひどうぞ。

 

======================

詳しくは 美しい土の家    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  遠野未来建築事務所 

 

 

Posted by 遠野未来 at 09:09 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■ 追悼 未完の建築家 ザハ・ハディド

●今日ザハの突然の訃報にふれ、1日中深い悲しみにくれています。

 新国立競技場におけるごたごたの中での突然の訃報。

驚き、そしてこれまで勇気づけられた日々を思い出し、涙がこぼれてしまいました。

 自分にとって建築の概念を変えてくれた恩師。

 心から「ありがとう。」と言いたいです。
IMG_3514.jpg

写真:今でも大事に持っている30年前の初の作品集。心からご冥福をお祈りします。

Posted by 遠野未来 at 21:18 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments