BLOG用01.jpg
■自動調査機によるSS式地盤調査
 ●もりのいえPROJECTで2回めの地盤調査を行いました。
IMG_0340_2.jpg
 SS式とはスエーデン式サウンディングの略で、地表から25cm刻みで金属棒を沈めたときの半回転数と荷重で地盤の硬さを見る方法。
 
 現在の住宅の地盤試験では簡易的で一般的な方法ですが、これも機械式(自動式)と手動式(半自動式)があります。

 手動だと調査の方の手触りと勘という経験値も加わる。機械に頼ると機械の精度により結果が左右される・・・と調査会社の方針でどちらの方法もありますが、今回お願いしたところは全自動の機械式で行いました。

調査の方が音の様子で地盤を把握しながら、機械に測定してもらうという感じでした。

 通常は5つの点で地盤を判断しますが、今回は変形平面なので6つの点をお願いしました。前回の半自動式と敷地内で取った点は異なりますが、速報によるとほぼ同じ結果が出た模様で地盤改良はおそらく要らない見込みです。

 この結果を元に最終的には第3者期間による地盤保証を出してもらい、建物全体のかし担保保証に含めることになります。

Posted by 遠野未来 at 21:29 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://tonomirai.jugem.jp/trackback/1882
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments