BLOG用01.jpg
■バウビオロギー 巣としての建築
 ●先ほどのバウビオロギーについての補足です。

 バウビオロギーは建築生物学と訳されますが、持続可能性に「健康」という概念が入っておらず、そこが重要だということは、まさしくそこに

    「人間=生物 いきもの」

としての視点があるということでしょう。
 省エネの数値を満たすだけでない、 

  心地良い建築=「巣としての建築」


この視点をもって、家づくりを行いたいものです。

Posted by 遠野未来 at 20:51 | ■NEWSLETTER 未来通信 | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments