BLOG用01.jpg
■曲がり丸太を太鼓梁に使う
 ●もりのいえPROJECTの住まいは木造で、中心のかぼちゃ束を7本の曲がり丸太で支える構造になっています。実際使う丸太を昨日、長野県根羽村に見に行って来ました。
IMG_0543.jpg

 長さ4mで中央が300〜400mm曲がっている赤松材を太鼓梁にして使います。
200〜400近くまで、曲りを見ながら使う場所を決めて選んできました。

 今年の秋の建て方予定。

 去年この作業ができていれば完全に自然乾燥で出来たかもしれず、残念な気持ちもありますが、建て方まで半年あまりしか時間がないので、自然乾燥と機械乾燥を併用して含水率を20%以下まで落として使う方針です。

 根羽村のこの工場は長野県産材でJAS認定を唯一とっているとのことで、実際木を切った山と工場も見学させていただきました。

 産地と人の顔がわかる木を使う家づくりを目指して、少しづつ現場の準備を進めていきます。


Posted by 遠野未来 at 10:32 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://tonomirai.jugem.jp/trackback/1893
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments