BLOG用01.jpg
■もりのいえ ドーム屋根の棟換気

●今回ドーム屋根の上をどう納めるか色々検討し、最終的にこのように施工しました。

IMG_7232.jpg

 

 中央が15cmほど上がって棟換気になっています。下から見た時は遠景のアプローチの時わずかに見えますが、ほとんど見えない形状で、屋根のシルエットをくずすことがありません。

 

■ ドーム屋根の頂点の形状について

 

 ドームの頂点のつくりかたとしては中央にトップライトとして明かりを取るのがドームを一番ドラマチックに見せる方法として基本ですが、今回は屋根から突起ができてしまうため採用せず、横側にトップライトを付けました。

 

 また棟換気はこれまでのドームの建物にはありませんでしたが、近年は棟換気をとって壁と屋根の熱を外に排熱する事例が多くなっており、この建物でも棟換気は必要と判断し、下から見えない形状を検討しこのような棟換気にしました。

 水が逆流しないよう、中央だけは勾配を4/10ほどとってありますが、これも下からはほとんど見えません。

 

 落葉も多い場所なので、毎年屋根の葉を落とす作業は必要になりますが、周囲の建物を見てもそれは鉄板の屋根でも45°などよほどの急勾配でなければ同じ状況です。

 

 北側のコケや落葉などで、経年変化しこの屋根が環境と一体となるようになればと思っています。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 07:53 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://tonomirai.jugem.jp/trackback/2364
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments