BLOG用01.jpg
●もりのいえ 壁を切り込んだ木製窓

●道路側から窓と室内が見えないようにするため、曲面の壁に直角に木製サッシュが取り付く部分。

IMG_3679.jpg

ここに更にR加工の縁がとりつきますが、現在その部分を加工して頂いています。

最終的に外壁のアスファルトシングル壁から窓まで入り込んで取り付き、下枠は銅板の水切りになります。

 

通常の木造住宅にはない形状の超絶技巧。・・・寺島工務店のみなさまの技術と志に感謝します。

 

======================

土とこどもの家をつくる・・・詳しくは 遠野未来建築事務所    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  

 

Posted by 遠野未来 at 14:57 | ■木の家・伝統工法 | comments(0) | trackbacks(0)

●釜石遊び場プロジェクト うづくりの丘  打ち合わせ開始。 2つのリング

■今週1月に釜石の小学生のみなさんに選んでいただいた遊び場「うづくりの丘」計画の下打ち合わせを行いました。

 

プロジェクトをコーディネートされている まちの翻訳社 田中さんと 一緒に応募させていただいた遊具メーカー クレオの平岡さん。

 

今後どのように釜石の方々と一緒にお話を進めていくか?

 

今回の私たちの提案は既成の遊具を置くのではなく、その場でこどもたちが様々な遊びを発見でき、生み出し、地域の方の交流の場にもなることを考えて提案しました。

 

その提案がこの2つのリングで、それが3つの丘に載っているというものです。

-2.jpg

 

場所場所で角度が変わるそのフレームに木の板、ネット、うんてい、ロープ・・・等様々な道具が付き、いろいろな遊びができる・・・。

 

現段階では基本構想なので、実際はこれから現地に行き、こどもたちや地元のみなさんのご意見を伺って、最終的なかたちにまとめていきます。

 

遊具というと一番心配なのは事故ですが、ここに関してはこれまで無事故というクレオさんが「日本公園施設業協会」の安全基準に合わせ、実施設計を考えてくださるので安心できます。

 

プロジェクトを進める上で、一番大事なのは、実際遊ぶこどもたちとそれを見守る地域の方々との連携。私たち設計施工をする側がどれだけみなさんの思いをかたちにできるか・・・

 

それにしても私たちの案が、小学校の学年を超えて8割以上の得票を集めたのは驚きです。

子どもたちの思いを聞いてみたいです。

2月下旬に現地で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

 

======================

土とこどもの家をつくる・・・詳しくは 遠野未来建築事務所    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  

 

Posted by 遠野未来 at 07:09 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

●もりのいえ アスファルトシングル葺き 曲面曲げの原寸模型 モックアップ

 

■この建物の屋根と外壁にアスファルトシングルを選んだのはRの曲面形状に対応できる素材というのが第一です。

 

 銅板も検討しましたが、コストがかなり掛かかるのと、この場所なら最終的にシングルにコケが生えるであろう・・・という予測でこちらを選びました。

IMG_3480.jpg

 

IMG_3484.jpg

 メーカーは国産にこだわりたかったのですが、国産だと砂粒が小さくのっぺりした印象になるため今回はイタリア製の粒が大きく、ランダムな継ぎ目のあるものにしました。

 

 また窓と壁の納まりは建物全体の形状に合わせ、壁より奥に引っ込め、両側の壁がRで奥に入るようにしています。

 アスファルトシングルこのような使い方は今までないので、原寸模型(モックアップ)をつくって材料が曲がるか試したものが写真のものです。

 

 R40(半径4cm)でつくってみましたが、なんとか曲げて貼れたようです。

 

 ただ曲げがきつく一部クラックが入ったところがあるので、実際の現場ではR50以上で本番をつくることにし、大工さんに下地をつくりはじめていただいています。

IMG_3468.jpg

 

 写真がその窓の一つですが、素晴らしい手仕事に頭が下がりました。

寺島工務店の大工さん方、これからいろいろな細かい取り合いが出てきますが、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 

======================

土とこどもの家をつくる設計事務所・・・詳しくは 遠野未来建築事務所    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  

 

 

Posted by 遠野未来 at 09:46 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ ランダムに開けた明かり取り 小窓

●明かり取りにつけたFIXの小窓です。

 

 ここは暖炉の横で高さ5mの吹き抜けがあり、落ち着いた雰囲気を出したい「見せ場」となる部分。

 

筋交いの合間をぬって、ランダムに窓を配置しています。

17.02.jpg

 

======================

土とこどもの家をつくる・・・詳しくは 遠野未来建築事務所    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  

Posted by 遠野未来 at 05:21 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 1階小上がり天井 2階床組

 

●1階の奥は小上がりになっていて、その天井は2階の床組を現します。

IMG_3364.jpg

 

 写真で見えている小さな材は仮の材で、縦横に組んである大きな材が床の梁です。

十字に組まれたこの梁と床は、構造的に柱が開かないよう引っ張る役目を果たしています。

 

ここに2階の円形の床が載りますが、斜めの梁は円形の床に沿って組んであります。

 

現在その床張りの段取りを行っています。

 

======================

土とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。   www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  遠野未来建築事務所 

 

Posted by 遠野未来 at 13:47 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 基礎断熱 床下断熱

●1階の根太貼りが終わり、床下断熱の施工を進めている様子です。

IMG_3320.jpg

 

 この建物は基礎の床が外側にはね出しているのでその部分の床断熱が必要で、

そこにつなげて基礎の立ち上がりと基礎の耐圧盤の外周も断熱し、基礎内断熱としています。

 

 

 その場合、定住で住まれるなら床下断熱はいらないのですが、別荘としての利用で床暖を使い、それを短時間で立ち上げたい・・・という理由から室内の床下を床暖の熱がもう一度断熱することにしました。

 

 基礎下にの湿気が多い時は床下の換気扇が回るように1階下から給気をとれるようにしています。

 

 断熱材は種類によって一長一短ありますが、当事務所は通常価格的に手頃で、自然素材である羊毛を使っています。吸放湿効果も他の断熱材と比べ期待できます。

 

======================

地球とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。

遠野未来建築事務所    www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com 

Posted by 遠野未来 at 17:09 | ■木の家・伝統工法 | comments(0) | trackbacks(0)

■坂倉準三設計 旧加納邸 A型住宅見学

●建築家・坂倉準三氏の貴重なA型フレームの住宅、旧加納邸が軽井沢で磯野邸別荘として昨年復元されましたが、

そちらを昨日見学させていただきました。

IMG_3257.jpg

 

増築されている部分はありますが、元設計の部分は可能な限り復元されたとのことです。

 

1950年という戦後間もない物資難でつくられたにもかかわらずまだ十分使えること、何よりその空間の「実直な初々しさ」に感銘を受けました。

IMG_3271.jpg

Rの手摺が印象的な階段部分側から見る空間の不思議な奥行き、中軸ヒンジのドア、全体の中にアクセントとなる曲線を取り入れた家具、手摺に付けられたスイッチ・・・など、A型フレームの構造以外でも設計者の想いが伝わってきました。

 

改めて手を入れれば住いは長く生きていくことができる・・・そう感じました。

 

======================

地球とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。   www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  遠野未来建築事務所 

 

Posted by 遠野未来 at 09:20 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 敷地伐採材でつくる家具・カウンタ-・上り框

■ 敷地に生えていた樹木

IMG_3099.jpg

 

・・・今回は樹木医の方に見て頂いて、立ち枯れや木々全体にとって光が入るよう間伐したほうがよいものを、

やむなく何本か伐採することにしました。

 

それを家具・カウンターに使いたいと思っています。

 

そして立枯していた桜の木(写真中央の濃い色)は、直径が細くどこで使うか考えてみましたが

ちょうど曲がった土壁の部分があるので、そこの上り框として使うことに。

 

まず板にしてみてのお楽しみです。

 

 写真右の太い材は桔木として仕入れた赤松の未使用丸太。

これもいろいろ使う場所を考えます。

 

======================

地球とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。   www.tonomirai.com

お問合せ nest@tonomirai.com  遠野未来建築事務所 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 10:13 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

2017.01.27 遠野未来建築事務所Website更新 お客様の声

●お客様の声 公益社団法人MORIUMIUS 代表理事 立花  貴 様からメッセージをいただきました。

 

地域の土を使い人の手のぬくもりを感じることができる作品に

感謝申し上げます。

 

http://www.tonomirai.com/untitled-c24em

 

「MORIUMIUS(モリウミアス)」 森と海と明日へ。

公益社団法人MORIUMIUS

http://www.moriumius.jp

https://www.facebook.com/moriumius.ogatsu

 

==================

別館も出来、進化を遂げる石巻復興の拠点MORIUMIUSの更なるご発展をお祈りしています。

新たな著作 「ひとりの力を信じよう――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる」 

 

を上梓された立花さんの今後の活躍を楽しみにしています。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%88%E3%81%86-%E4%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE-%E3%81%A7%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B-%E7%AB%8B%E8%8A%B1-%E8%B2%B4/dp/4862762395/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1485566373&sr=1-1

 

 

MORIUMIUS .jpg

Posted by 遠野未来 at 14:11 | ■遠野未来建築事務所 Website | comments(0) | trackbacks(0)

■ 釜石市鵜住居 復興遊具 うづくりの丘

●当事務所WEBSITEでもご紹介させて頂いています。

どうぞよろしくお願いします。

 

http://www.tonomirai.com/untitled-c22at

Posted by 遠野未来 at 09:15 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments