BLOG用01.jpg
■ 2017 残暑お見舞い申し上げます。

(LAST 2 )  2017 残暑見舞 写真面.jpg

 

● 雨が多かった今年の夏も終わりをむかえました。

 

まだまだ暑い日が続きますが、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

遠野未来建築事務所   遠野未来

=================

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

27-961,Oiwake Karuizawa-machi,Nagano Pref,Japan 389-0115

 

TEL      0267-31-6264 

FAX      0267-31-6265

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

=================

Posted by 遠野未来 at 08:24 | ■ごあいさつ | - | -

■ 土の建築家 ハッサン・ファトヒ- ・・・土の建築と for the poor

■ ハッサン・ファトヒ- (1900-1989)はエジプトの建築家 近代建築を踏まえながら

日干しレンガなど母国の伝統技術を使い土の建築をつくり続けた。

 

おそらくエジプトの国民的英雄だったことと思います。

土建築における最大の建築家かもしれません。

IMG-9896.jpg

 

 彼のことば

 

 Build your architecture from what is beneath your feet.

 (自分の足元にあるもので建築をつくれ)

 

・・・これぞ土の建築のコンセプト。

 

1969年に出版された Architecture for the poorはエジプトの郊外の村の集落の建物を

鉄とコンクリートを使わず土でつくった記録です。

 

For the poor という言葉が重い。

 

土建築の先達に敬意を表します。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

Posted by 遠野未来 at 22:02 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

■土建築の未来と 全長130mの版築・・・マーティン・ラオホ パッシブデザインの版築壁

●先日お伝えした 前橋工大の版築の授業のブックレットですが、

現在の予定タイトルは ズバリ

 

 「版築 - 土建築の未来」 分野横断型建築教育の実践

 

になりそうです。(ちなみにこれは私がつけたわけではありませんが・・・。)

 

 私としては土の建築として、「版築だけ」が「未来」で素晴らしいということではなく、

我々の試行錯誤の版築への取り組みをきっかけとして、

塗り壁を含めた「土の建築の可能性」を知ってほしい・・・ と思っています。

 

 

■130Mの版築の壁・・・フェルトキルヒの病院

 

F2.jpg

 

 こちらもその本で掲載予定の事例。版築の代表例の一つでオーストラリアの版築マイスター マーティン・ラオホ氏が

手がけた長さ130mx高さ6.5mの版築壁。125M3、250トンの土が使われているとのこと。

 

 6年前実際行ってみて、とにかくその土の量感に圧倒されました。

建築というより古代遺跡のスケールです。

 

 それととともに、版築壁をガラスと組み合わせ、太陽熱を利用するパッシブデザインの蓄熱体としてつくられているのが素晴らしい。(直接蓄熱体に太陽光を当てて蓄熱させる手法を ダイレクトゲイン といいます。)

 

 ここ数年日本でパッシブデザインを利用する様々な試みが行われていますが、これがつくられたのが1993年。

なんと24年も前。

 

 日本の我々が知らなかったところで土の建築の復興がヨーロッパで20年以上前から行われていたということになります。

特に土の蓄熱を活かした現代的なガラスと土の組み合わせは私が一番興味があるところですが、

この例はその典型で、まさしく「これからの時代の建築」といえるのではないでしょうか?

 

 日本も負けていられないところ。

土の建築を現代日本に合うやり方で、ぜひ皆様と一緒に実践して行きたいと思っています。

 

====

PS 写真は7月。夏はガラスに対しスクリーンが閉められるようになっています。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

Posted by 遠野未来 at 21:26 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

■ 前橋工大 版築授業内容 ブックレット出版へ。 

 

■ 前橋工大でこの6年間行ってきた版築制作の授業内容をブックレットにまとめ、出版することになりました。

 

 各分野 総括と教育的見地の石川恒雄先生、温熱環境の三田村輝章先生とともに、版築のつくりかたについて、技術的見地と今後の展開の見通しを私(遠野未来)が書かせていただいています。

 

 この授業は版築部分の作業は毎年変わる学生さん方が行いました。

 うまくいかなかった部分が多かったものの、毎年行った様々な試みの検証と考察を行い、初めて版築をつくる方でもできるよう書いています。

 

■ ヴァイルブルグ・・・ヨーロッパ最高高さの版築の建物

 

CIMG2216.jpg

CIMG2107.jpg

CIMG2141.jpg

 

 

 1828年(今から300年近く前)ドイツ・ヴァイルブルグにヨーロパ最高高さといわれる版築の建物があり、版築の歴史の本の中で必ずふれられていますが、この本でもその紹介があります。

 

 私が2011年に訪れたときの写真を改めてご紹介します。(ブログで以前ご紹介したことがあります。2011.06.26 

 

 

 

 版築にご興味がある方は、ドイツに行かれるときぜひ行ってみてください。

日本の蔵より大きな土の塊の存在感を感じることと思います。

 

===

 

ブックレットは現在校正中で9月末出版予定です。

出来次第お知らせします。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

Posted by 遠野未来 at 23:05 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

■リノベーション時代のまちづくり 長野市門前町暮らし KANEMATSU訪問

●リノベーション時代のまちの再生。


その代表的成功例として上げらている長野市善光寺周辺の門前町。

その拠点の一つKANEMATSUを訪ね、中心人物のお一人 建築家の広瀬 毅さんにお話を伺いました。

IMG_9546.jpg

IMG_9547.jpg

 

築100年以上の古い蔵を改装し、カフェやお店、設計事務所など入居者が自分たちで改装して使っています。

 

傷んだ蔵を借り手が組合を作ってオーナーさんから借り、自分たちで改修する。出るときも現状復帰はしなくて良く、改修内容がその建物の資産価値を高める。・・・という借り手とオーナーさん お違いがウイン-ウインとなるというリノベーション・モデル。

 

それを単独や企業の開発としてではなく、まちを思う方々が力を合わせて、少しづつ拡がり、地域に根づいていったことに共感します。

 

まちのあちこちで古い蔵や民家がカフェやコワーキングスペース、お店などに使われ、

まちにとてもいい雰囲気があります。

 

まだ空き家や蔵も残ってとのことで、これからさらに展開しそうです。

今後さらなる拡がりを々楽しみにしています。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 11:07 | ■アート・コミュニティ・まちづくり | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 曲面版築暖炉・・・ 型枠の試作

■ 今日はお盆明け初めて、現場で暖炉と植栽の打ち合わせを行いました。

 

IMG_9428.jpg

IMG_9435.jpg

IMG_9434.jpg

 

 暖炉は幅155x高さ93cと小さなものですが、壁から手前に65センチほど湾曲して飛び出す形をしています。

 

 今回その湾曲する壁を版築でつくるのですが、今日はその型枠の試作を現場に置いてみました。

版築は釘あとも仕上げに見えてしまうので、見えないようにするには更に詳細の検討が必要なことがわかりました。

 

 暖炉なので当然その壁には焚口の開口がありますが、直線でさえ難しい版築の開口が湾曲した壁につくので、更に難しいです。

 

 手順としては9/1にまず暖炉の後ろ側の壁をブロックでつくり、コンクリートの基礎を打って型枠をセットし、版築をつくり、その中に耐火レンガと鉄板で炉をつくります。

 

 約90cmと高さは高くありませんが、開口との取り合いで型枠を何段にするかこれから型枠詳細の検討が必要です。

 

 9月に入り、工事が始まりましたら手順をご紹介させていただきます。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 20:48 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■土壁の家 神田SU 建築家の自邸 建築サイトhomify でご紹介いただきました。

 

 

■ 2.土壁の中に住まう、オフィスビルの中にある家 

 

としてご紹介いただきました。

スクリーンショット(2017-08-14 22.47.09).jpg

         Photo : takeshi noguchi 

 

 ぜひご覧いただければありがたいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

↓ クリック

 

建築家の自邸5選 – 建築家が住む自分の家!

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

https://www.homify.jp/ideabooks/3507993/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%87%AA%E9%82%B85%E9%81%B8-%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6%E3%81%8C%E4%BD%8F%E3%82%80%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%81

 

Posted by 遠野未来 at 22:56 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

■所沢聖地霊園 追悼と志

● 先日東京出張の折に所沢にある所沢聖地霊園を訪れました。

IMG-9335 (1).jpg

 

この霊園の礼拝堂と納骨堂は今年逝去された早稲田大学名誉教授 池原義郎先生の設計によるもので、追悼の意味を込めて。

 

この作品は1974年日本建築学会賞を受けられた名作です。早稲田大の建築学科では設計製図のトレースの授業でこの図面を書くのが課題で、自分が学生のときはあのジグザグに配置された納骨室の意味などわかりませんでした。

 

今更ながら初めて訪れると、納骨堂は大地の中に埋め込まれ外部からは見えず、その天井から色ガラスを通した七色の光が降り注ぐ・・・その佇まいに深い感銘を受けました。

 

■ 自律する壁の表現

 

 この建築は全てが簡素ながら尋常でない「きめ細かさ」でできていますが、その中で自分が特に惹かれたのは構造体でありながら「やさしさとあたたかさ」をもって自由に展開する「自律した壁」の表現です。

 

 壁が周囲に伸び、曲がり、くり抜かれ、光が入る様子。ガラスや鉄骨、光と取り合う柔らかな曲線・・・それは生命の「よろこび」を表現しているかのようです。

 

 コンクリートでありながら、自分がいま「土」でつくろうとしているものと共通する精神が感じられ、頭が下がりました。

 

  大地と一体となった建築。・・・

 

その精神をもった建築を、模倣ではなく自分たちの時代にどうつくっていくのか?

 

と池原先生に問いかけられているように思いました。

 

 

その回答をお見せできるよう、志を新たに建築に取り組みたいと思います。

 

(写真:所沢聖地霊園 礼拝堂・納骨室パンフレットより)

 

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

Posted by 遠野未来 at 15:26 | ■建築 | comments(0) | trackbacks(0)

●もりのいえ 荒壁乾燥 2週間後

■2週間後の荒壁の乾燥の様子です。

IMG_9144.jpg

 表はほぼ乾いて割れが出てきました。

内側まで完全乾燥させてから中塗りになります。

トイレ・サニタリーも含め8月中には完全乾燥できそうです。

IMG_9151 (2).jpg

IMG_9111.jpg

IMG_9110.jpg

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

Posted by 遠野未来 at 08:28 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 朝日と土壁

●乾燥中の荒壁の東からの朝日の様子です。

地窓と天窓からの光が土壁に広がります。

IMG_9128.jpg

IMG_9132.jpg

IMG_9124.jpg

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

Posted by 遠野未来 at 10:49 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments