BLOG用01.jpg
■もりのいえ ビルトイン洗濯乾燥機 /Shell House Built-in Washer/Dryer

 

●今回の建物はサニタリーを広くとれないので、洗面カウンターを有効に使うためビルトインの洗濯乾燥機を取り付けました。

 日本のメーカーはビルトイン洗濯機を出していないので、ミーレ社製です。

CIMG9947.jpg

CIMG9941.jpg

CIMG9948.jpg

 

 一つビルトイン洗濯乾燥機の注意点を。

 

その上をカウンターとして使う場合、カウンター高さが高くなり、使い勝手が悪くなるのでできるだけ低い高さにすることです。今回H=878mmです。数センチですが高さが900になると、かなり使うのがむずかしくなります。

 

 これでも通常よりは高いのですが、お施主様が高いシンクを使われていることもあり、気にならないとのことでこのようなつくりにしました。

ただし、洗面を少しでもしやすいよう、シンクを埋込型にしました。

 

#ビルトイン洗濯乾燥機 #Built-in Washer/Dryer

 

======================

お問合せ 

土とこどもの家づくり

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

=================

 

Posted by 遠野未来 at 20:51 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■ミラノ Terra Migaki Design 2018  に参加。 /4/20-22 TMD 2018 at Milan participated

 

●4/20-22 ミラノでデザインウィークに合わせて行われた日本とイタリアを結ぶ土の建築イベント

Terra Migaki Design 2018 に参加してきました。

 

CIMG9136.jpg

 ワークショップと展示会場 カッシーナ・クッカーニャ

CIMG9015.jpg

 遠野未来建築事務所の展示

CIMG9115.jpg

 左官・松木憲司さんによる大津磨きのデモンストレーション

CIMG9110.jpg

 土のワークショップ

CIMG9126.jpg

 ワークショップ風景

CIMG9063.jpg

 コンペ作品展示風景

 

 会場は17世紀の農家の建物をリノベ-ションしたオーガニックな食をテーマにしたミラノの新たな名所の一つカッシーナ・クッカーニャ。中にレストラン、ゲストハウスなどが備わっていて、食事が美味しく、家族連れが訪れるとても雰囲気がいい場所でした。土建築のシンポジウムはミラノ工科大で1日かけて行われ、とても充実した内容でした。

 

 今年で3回めを迎えるこのイベント。日本からの参加者は左官の松木憲司さん、建築家・クラフツマンの鈴木晋作さん、そして私の3人。私は毎年行われている土のプロダクトデザインの審査員をさせていただき、それとともにシンポジウムと展示でこれまでの活動を発表させていただきました。松木さんと鈴木さんの名コンビは今回で9回目という土のワークショップ、そして発表と展示を行いました。

 全体のコーディネートはミラノ工科大でも教えている建築家のセルジョ・サバティーニさん。イタリアの土建築の中心人物です。

 

 発表は英語だったので、自分としてはあまりうまく話せませんでしたが、私が行った現代的なデザインと温熱データでの検証による内容はイタリアの方に好意的に受け止めて頂いたようで、ありがたく思いました。

 

 何よりイタリアでも土の建築を広めたいと活動している方々がいること、日本の土と左官をリスペクトしていることを知り、大いに刺激を受けました。

 

 詳しくは改めてご紹介させていただきます。

 

#Terra Migaki Design 2018

https://terramigakidesign.com

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

 

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 21:00 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

■ Terra Migaki Design  2018  土の意匠 / イタリア土建築 展覧会とシンポジウムで発表

 

 ◉ 4/13-22 イタリア ミラノサローネに合わせ

日本とイタリアをつないで行われる 土建築の展覧会とシンポジウム

 

Terra Migaki Design  2018 

 

においてシンポジウムでお話しさせて頂き、

展覧会、ワークショップに参加させて頂くことになりました。

 

詳細はこちら https://terramigakidesign.com

 

これを機に敬愛するイタリアの建築と左官を見て来たいと思います。

様子はイタリアからウェブにアップできればと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ご連絡がありますかたは、メールにてご連絡を頂ければ幸いです。

e-mail:   nest@tonomirai.com  

または miraitono@gmail.com

 

4/27に帰国予定です。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

遠野未来

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 10:15 | ■ごあいさつ | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 版築暖炉 ファイヤースクリーン/Shell house fireplace firescreen

● 最終的にR形状に合わせ、このような形状にしました。

CIMG8917.jpg

 

CIMG8921.jpg

CIMG8927.jpg

 

 R形状に合うようにし縁を20から15に5ミリ小さくすると、全体がとても軽く出し入れしやすくなりました。

 

R形状なので脚がなくても自立します。

上の縁に取手があります。

 

#Fireplace #firescreen #版築#暖炉#ファイヤースクリーン

 

======================

お問合せ 

土とこどもの家づくり

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

=================

Posted by 遠野未来 at 18:11 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 版築暖炉 全景と2回目 燃焼テスト

●今回つくった版築暖炉の全景と3月初旬、2回目に行った版築暖炉を燃やしてみたときの様子です。

DANRO-3.jpg

 

DSC05340 2.jpg

版築暖炉2回めテスト.jpg

 

昔ながらのこのようなオープン型の暖炉は熱効率だけ考えれば、薪ストーブや密閉型のものに勝てませんが、壁と一体となった形状でつくればその空間になじみ、住まいのシンボルとして火を近くで感じることができる良さがあります。

 

効率から考えると、これからはあまりつくられなくなると思いますので、今後のご参考に。

 

1 火の燃え方。

 

2回目は火がよく見えるように・・・と思い、薪を手前で燃やしてみました。

火はよく見えてよかったのですが、燃え方が今ひとつでした。

 

暖炉の制作をしていただいた暖炉屋さんによると、煙突の位置と断面の形状で空気の流れが決まっており、薪を手前にしすぎると燃えなくなるとのこと。

 

このあと3回目の燃焼テストは3月下旬お施主様への引き渡しの時行い、そのときは薪を置くで炊き、よく燃えました。

 

2 ファイヤースクリーン

 

 この写真は当初つくっていただいたものです。

これがないと火の粉が手前に飛んで来るときがあり、危険なのでやはり必須です。

 

ただし、この写真のものは壁にピタリとハマらず、縁もやや太かったので、再度つくりなおしました。

最後つくったものは、うまく納まりました。改めてご紹介します。

 

・・・いずれにしても薪ストーブやかまどでも同じですが、暖炉の薪の燃やし方は、試しながら覚えていくことのようです。

 

#版築#暖炉#ファイヤースクリーン#薪

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 05:27 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 外構工事へ/ Shell house toward landscape construction

●長くご紹介してきた もりのいえPROJECT/ Shell House の工事ですが、

先月末お施主様にお越しいただき、ようやくお引き渡しさせていただきました。

 

001 SH.jpg

 

全くタイプの異なる直線的な建築にお住まいのお施主様は, 曲線の土壁の中の暖炉の火を見ながら

 

「こういう空間ははじめてですが、とても落ち着きますね。

火と土を見て落ちつくのは人間の本能ですね。」

 

とおっしゃり、とても喜んでいただくことができました。

 

 

 残りは暖かくなってからの外構工事です。

植栽とウッドデッキ、そしてウッドデッキに埋め込む小さな「露天風呂」が計画されています。

 

暖かくなる、4月末〜5月初旬を予定しています。

最後どう完成するか、引き継ぎご紹介させていただきます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 08:00 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 土壁ニッチ 間接照明 /Shell House Earth wall niche indirect light

● 土壁に埋込まれた間接照明です。

12-12 (1).JPG

12-5 3.JPG

DSC05496.JPG

 

 壁のポイントになるこの部分は当初から想定していましたが、図面では描けない形状をしており、現場で何度も土を塗り重ねた左官さんの手業でできています。

 

今回の下地は杉板の木刷りつくりましたが、竹でも木の枝でも可能です。

 

 このようにいろいろな形状をつくることができるのが土壁の魅力です。

ただし、部分だけでなく空間全体とのバランスを考えるように。

 

 

#ニッチ#土壁間接照明 #earth wall indirect light #niche

 

=================

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

 

TEL    0267-31-6264 

お問合せ

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

=================

Posted by 遠野未来 at 10:59 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 長いアームのペンダント照明 /Shell House Long Arm Pendant Light

 

●リビングのペンダントライトは、弧を描く長いアームに吊り下げられたLEDのクリア球でできています。

IMG-5476.jpg

IMG-5467.jpgIMG-5467.jpg

この建物は先日ふれたように

 

「部分と全体が密接に関連し、全てがあるべき位置にあり、それらが変化し、成長する。」

 

という自分が考える「有機的建築」の原理に従ってつくられています。

 

 シンプルなこのペンダントライトはその原理の典型的なもので、小さいながら画竜点睛として空間全体にとても大きな意味を持っています。

 

・・・ というのはこの照明の位置は北側の円の中央にある照明と向かい合い、南側の円の中央に位置するものだからです。

 

 北側が正円で、南側が卵型に見えるこの建物は、その2つの中心を軸に北と南で2つの円が内接する形をしている事になります。

 

 詳しくは改めて図でご紹介します。

 

#Pendant Light, #Long arm #ペンダントライト #長いアーム

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 19:39 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 薪置スペース 黒皮鉄板の床 /Shell House firewood place row lack steel Plate

●この工事も来週いよいよお引き渡しになりました。

細かい部分の最後の仕上げもほぼ終了です。

 

IMG-5447.jpg

こちらは暖炉横の薪スペースのために置かれた黒皮鉄板。

塗装をしない鉄の元の板です。

 

鉄工所の方に型をとってつくっていただきました。

 

その日の分だけの少量の薪と、ブラシなどのアクセサリー置き場になります。

 

#firewood place #row Black steel Plate

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

Posted by 遠野未来 at 19:42 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ  生きている土壁 /Shell House organic earth wal

●有機的建築とはなにか?

 

・・・決まった定義はなく、答えは人によって異なります。

私としてはそのキーワードは「生命・変化・運動」ではないかと思います。

07-1 2.jpg

 

 生命体としての建築。

 

 そのために土を使った「壁から生まれる建築」があってもいいのではないか・・・ と考えています。

 

#Earth Wall #organic architecture  # 有機的建築 #土壁

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

Posted by 遠野未来 at 19:54 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments