BLOG用01.jpg
■保育園を考える

 〜 みんなでハッピーになる子育てって? ワークショップ 〜

に今日参加してきます。


 社会にとって実際どんな場が必要なのか?保育園や子育てをしている方の生の声を聞いてきます。

Posted by 遠野未来 at 09:15 | ■保育園建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■NAGAYA TOWER 保育園   夜間保育とお風呂
●エイビィシィ保育園に再度伺い、園長先生に夜間保育のシステムを教えていただきました。
P1090359.jpg
 24時間保育園ではお泊りの子達の部屋があり、布団をそこに運んで準備・・・
特徴的なお風呂。ここで何人ものこどもたちが一緒にはいる。かわいいでしょうね・・・

 夜間保育園と3歳までの乳幼児保育園の需要はこれからも増えるでしょう・・・
平成25年度からは国の制度が代わり、保育園と幼稚園が一体となった「こども園」として再編される見通し。・・・
 こどもの施設の動きは目を離せません。NAGAYA TOWER保育園も夜間も視野に入れ、プログラムづくりから検討中です。9月中に基本プランができるまで、提案していこうと思います。

Posted by 遠野未来 at 20:44 | ■保育園建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■子育てコミュニティスペース チルドリン
 ●先日の子育てセミナーでご一緒した高橋友紀さん。彼女が所属する子育てコミュニティスペース『アトリエ*チルドリン』にお伺いしました。
P1090279.jpg
 大井町駅前のビルの2Fにある手作りスペース。ここを拠点にセミナーやお母さんが社会的に自立するためのワークショップなどを行っている。先日お伺いした秋川のひろばとかなり近い活動。やはり、こういう場が社会的に必要とされているのだと実感します。
 お母さんパワーを生かせる社会を・・・・
P1090272.jpg
 各種セミナーの案内板 活発な活動
P1090278.jpg
 企業とのタイアップも。いろいろな意見があるようですが、続けなくては意味がない
P1090277.jpg
 奥のイベント時に託児スペースとなる場所。自然塗料でカラフルな「フランス風」のスペース・・・

 高橋さんは保健師でもあり、医療にも関わっていて、なんと今自分が関わっているNAGAYA TOWERの敷地である鹿児島のホスピス堂園メディカルハウスにも行ったことがあるとのこと。
偶然ですが、そちらでも何かお力になっていただくことがあるかもしれません。・・・・

 隔月のフリーペーパー発行や年に何度かのイベントも盛況とのことです。
この活動は全国に広がり、ネット会員が1万人もいるとのこと。ご興味ある方は、ぜひサイトをのぞいてみてください。
================
    ママの好奇心と情報発信をサポートする
  コミュニティスペース『アトリエ*チルドリン』
  平日および一部休日10:00〜16:00までオープン中
  http://atelier.child-rin.com/

Posted by 遠野未来 at 16:04 | ■保育園建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■NAGAYA TOWER保育園  長屋保育
 ●実際に長屋をイメージしてつくられた保育園を見学させていただきました。
 東京・新小岩にある うらら保育園・・・設計は象設計集団。

 一目でそう分かる程の個性的なつくり。保育園と老人福祉施設の複合建築です。構造はコンクリートですが、内部は木や土壁・左官がふんだんにつかわれていて、特に1階の保育園部分は実際の日本の木造長屋をモチーフに木の柱/障子/畳/板の間/縁側・・・と懐かしいつくりで、間仕切りもふすまや障子の縦割り保育。とても参考になりました。組の名前も○○家 とのこと。

 13年前の建物ということですが、時間とともに時を重ねるかのような「使い込まれた味・におい」のようなものが立ちこめています。これはまさしく現代建築が失ったもの。そこを忘れてはいけないと思います。
 それが逆に未来的なものにも見えました。無表情の周囲の町並みの中で、ここだけ人が住んでいるような・・・100年後生きているのはどっちなんだろう?

Posted by 遠野未来 at 07:22 | ■保育園建築 | comments(0) | trackbacks(0)

■ウッディキッズ見学 こどもの家とは?
 昨日 かねてから興味があり先日このBLOGでもご紹介した
こども環境学会・溝口義朗さんが主催する東京都あきる野市の東京都認証保育所
「ウッディキッズ」へ見学とヒアリングに行ってきました。

 自分が考えていた「保育園」というものを 根本的にくつがえすかの
ような保育園。
 しかし、それは奇をてらうものではなく、むしろなぜ他はこうではないのか?
と思わせるもの。
まだ自分の中で整理出来ていませんが、追ってご紹介したいと思います。
 そこでのキーワードは、ずばり 「家」。 こどもの家とは?
 このソファーの意味は?ここでどういう光景が展開しているのでしょう?・・・

Posted by 遠野未来 at 11:43 | ■保育園建築 | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments