BLOG用01.jpg
■遠野未来建築事務所website 2020.04.10 更新 / Shell House Plan and Roof Drawing uploaded

●Shell House 平面図・小屋伏図 アップしました。

 

どのような図面からつくられているか、ぜひご覧いただければ幸いです。

https://www.tonomirai.com/morinoie

Posted by 遠野未来 at 10:55 | ■Shell House/もりのいえPROJECT | comments(0) | -

■Shell House スウェーデン木の建築雑誌 ’Tra!’掲載/   article in Swedish wood architecture magazine ’Tra!’

Cover 2.jpgInside.jpg

● Shell House スウェーデンの木造建築専門雑誌’Tra!’にご掲載いただきました。

’Tra!’とはスウェーデン語で「木」(wood)の意味だそうです。

 

送られて来た掲載誌を見ると、海外での木造建築の隆盛の様子が伺え、見応え充分です。

ちなみに巻頭では建築家 坂茂さんのSwatch社屋が大きく取り上げられています。

 

 当事務所の記事のタイトルが Minimalt avtryck med lera och ull 

 

で、直訳すると「 土と羊毛による最小限の足跡」/ Minimal-footprint-with-clay-and-woolということで、

北欧の方は自然素材や省エネのことについて関心が高いことを伺わせます。

 

 ’Tra!’のウエブサイトで詳しくご紹介していただいています。

ぜひご覧いただければありがたいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

https://www.swedishwood.com/publications/wood-magazine/2020-1/Minimal-footprint-with-clay-and-wool/

 

■ Shell House information on www.tonomirai.com

 

https://www.tonomirai.com/morinoie

 

 

#Shell House, #もりのいえ

==========================

未来をつくる土の建築/ eartharchitect

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

FB: https://www.facebook.com/eartharchitect/

==========================

 

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 21:46 | ■Shell House/もりのいえPROJECT | comments(0) | -

■Shell House 日本建築学会作品選集2020 選評。

img20200314_10332524 2.jpg

 

 信州大学助教 佐倉弘祐先生の選評をご紹介させていただきます。

 

■ 選評......佐倉弘祐先生 (信州大学助教)

 

現地に赴き,まず目を惹くのが,卵を半分に割ったようなかわいいフォルムと水路に向けて鳥がくちばしを開いたような

開口部で構成さ れる外観である。一見奇抜に見えるが,景観法,既存樹木,敷地沿いを流れる水路を考慮しながら,熟考した末に必然的に導かれた形状だ と言う。軽井沢特有の設計要件を積極的にデザインへと昇華させてい る。

 

木造シェル構造に土壁を併用することで,線形の硬い印象が強い 木材に柔らかさを付加することに成功している。

また優れたスキルが 求められる施工に対して,「長野県には熟練した職人が多く,彼らが いなければ完成しなかった」

と職人への敬意も忘れない。土壁の一部 にあえて美しいキズリを残しているのが,その象徴だ。

内部空間は,水路方向を除くほぼすべてのアングルで木材と土壁が 共存しており,大自然に包まれているような安堵感を覚えた。

 

周囲の 樹木とともに,木材と土壁の経年変化も楽しめる別荘にうってつけの 作品である。

 

 

■Juror's comment......SAKURA Kousuke (Shinsyu University assintant professor)

 

On arrival, the first thing that strikes one is the outer appearance, a cute shape like an egg split in half with an aperture like a bird's bill open toward the water channel. At first sight it appears odd, but it was apparently a form that resulted necessarily from taking careful account of legislation on landscape protection, the existing trees, and the waterway flowing along the side of the site. The design conditions peculiar to Karuizawa are crystallized positively into this design. Combining the wooden shell structure with an earthen wall successfully softens the strong impression created by the hard linear form of the wood. For the execution demanding outstanding skill, the architect did not forget to pay respect, saying, “Nagano Prefecture enjoys having many highly skilled craftworkers, without whom the project could not have been completed”. It is symbolized by the elegant wooden laths deliberately left on part of the earthen wall. On the interior, apart from the side facing the water course, almost all perspectives present a combination of timber and earthen wall, giving the comforting feeling of being embraced by nature. This work is the ideal holiday retreat, in which one will be able to enjoy the changes not only in the surrounding trees, but also its timber and earthen walls, over the years.

 

 

 

https://www.tonomirai.com/clients1

Posted by 遠野未来 at 08:27 | ■Shell House/もりのいえPROJECT | comments(0) | -

■Shell House /もりのことば 日本建築学会作品選集2020にご掲載。 / Published  in 2020 Works of Architectural Institute of Japan

img20200314_10332524 2.jpgShell House AIJ 2.jpg

 

●一般書店でも販売されるので、機会があればお手にとっていただければありがたいです。

(税込み1650円)。

 

 地区順に全国の作品が掲載されているのですが、当事務所の次のページが懇意にさせていただいている富山大学の萩野紀一郎先生の「八ヶ岳高原 版築のいえ」でした。

 「土」をテーマにした建築が並んで掲載されてうれしく思います。

 

 

■ 水平な世界観を

 

 一方、 他には土を扱う建築はほとんど掲載がなく残念です。

もちろん土の家は、少数派ではありますが全国でつくられ続けています。

 

 一人ひとり個性が違う多様な社会が目指される中、建築のあり方ももっと多様であっていいと思います。

先日、朝日新聞に森美術館の新館長 片岡真実さんの「現代アートから水平な世界観を」という記事が出ていました。

 

 これにならっていえば

 

  現代建築から「水平な世界観を」! です。

 

 

#日本建築学会作品選集2020、#Shell House

 

==========================

未来をつくる土の建築/ eartharchitect

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

FB: https://www.facebook.com/eartharchitect/

==========================

 

Posted by 遠野未来 at 11:25 | ■Shell House/もりのいえPROJECT | comments(0) | -

■ カラマツコンテナ カラマツの青材の床 / Blue Stain floor of Japanese larch

 

●カラマツのこれまでにない使い方の一つとして「青材」ラフ仕上げの床にしてみました。

01.jpg

02.jpg

 

マラマツは色が茶褐色に濃くなるので、プレーナーや超仕上げにすると

逆に「のっぺり」見える事が多いので、あえてラフ仕上げで揺らぐような木目の見せ方を

しています。

 

その上で通常は使わない、カビによる「青材」も混ぜて使っています。

いい表情になったのではないかと思います。

 

去年つくったイスも置かせていただきました。

 

#カラマツ、#青材、#blue stain, #larch

 

 

==========================

未来をつくる土の建築/ eartharchitect

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

FB: https://www.facebook.com/eartharchitect/

==========================

 

 

 

Posted by 遠野未来 at 21:33 | ■Shell House/もりのいえPROJECT | comments(0) | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments