BLOG用01.jpg
■もりのいえ 2階天井 左官下塗り

●木摺り下地が美しかった2階天井について、ぜひ残したいと色々検討したのですが、最終的に防火を考慮し

土としっくいで塗ることにしました。

 

それを受け先日天井の砂しっくいの下塗りを行いました。

IMG_0557.jpg

 

IMG_0559.jpg

 

IMG_0594.jpg

 

ただし、その下地の作り方を一部見せるように考えました。

 

どのようにしたかは改めてご紹介します。

 

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 09:53 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 軒天・袖壁の左官仕上げ 砂しっくいかしっくい押えか? 

●9月に入り、今週から左官工事が再開しました。

IMG_0413.jpg

IMG_0425.jpg

IMG_0422.jpg

 長らく砂しっくい中塗りで止まっていた軒天と袖壁ですが、ようやく仕上げ塗りの方法が決まりました。

砂しっくいをスタイロフォームでなでて仕上げ、含浸系でツヤのない撥水剤を塗ることにします。

 

現在最終仕上げ日程 調整中です。

 

====

 この建物は形状的に袖壁と軒がアールでつながっているので,

風があると袖壁に雨が当たることが避けられないのですが、

その汚れがどのくらいになるかをこの1ケ月見ていました。

 

 本来外部はしっくいを金ゴテで押さえ、ツルツルにするほうが耐水性が上がり、

汚れもつきにくいものです。

 

しかし今回は,

 

 この曲面をコテあとなしで仕上げるのが困難,

  建物が揺れたときクラックが入っても目立ちにくい,

  周囲の緑との対比は土の色を入れるより、白のほうがよい,

  しっくいが汚れても自然な汚れ方ならばあまり気にならない・・・

 

・・ということを踏まえ建主様とともに判断しました。

 

 仕上げは4人ががりで一気に仕上げるそうです。

 

どうなるか、改めてご紹介させていただきます。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

 

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 17:49 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 浅間石の利用 ウッドデッキの束石として

● 来週からウッドデッキづくりに入りますが、

その束石を既成のコンクリートではなく敷地にある浅間石を使うことにしました。

IMG_0028.jpg

IMG_0119.jpg

 

 

コンクリートの基礎を打ってありますが、その上に化粧として浅間石の上面を水平にカットし、

その上に丸太の束を建ててデッキを支えます。

 

 写真はカットした浅間石です。

 

 このような断面になるとはじめて知りました。意外ときれいです。

玄関の飛び石と浴室の排水溝も同じ方法で浅間石を使おうと考えています。

 

======================

地球とこどもの家づくり・・・詳しくは 美しい土の家。   www.tonomirai.com

お問合せ  e-mail:   nest@tonomirai.com 

 

遠野未来建築事務所   遠野未来

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

FAX      0267-31-6265

e-mail:   nest@tonomirai.com 

URL:      www.tonomirai.com

=================

Posted by 遠野未来 at 03:27 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

●もりのいえ 工事再開。  版築暖炉 背面ブロック積み

●8月末までの自粛期間が終わり、今日から工事再開しました。

10月末竣工に向け、最後の仕上げです。

 

IMG_0022.jpg

 

IMG_0005.jpg

今日は最初に版築暖炉の下地となる

背面のコンクリートブロック積みを行いました。

 

最終的にはこの前に更に耐火レンガで壁をつくり、

その前に湾曲した版築の壁をつくります。

 

引き続き来週月曜 9/4は床部分の土間コンクリートを打設します。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 18:13 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 曲面版築暖炉・・・ 型枠の試作

■ 今日はお盆明け初めて、現場で暖炉と植栽の打ち合わせを行いました。

 

IMG_9428.jpg

IMG_9435.jpg

IMG_9434.jpg

 

 暖炉は幅155x高さ93cと小さなものですが、壁から手前に65センチほど湾曲して飛び出す形をしています。

 

 今回その湾曲する壁を版築でつくるのですが、今日はその型枠の試作を現場に置いてみました。

版築は釘あとも仕上げに見えてしまうので、見えないようにするには更に詳細の検討が必要なことがわかりました。

 

 暖炉なので当然その壁には焚口の開口がありますが、直線でさえ難しい版築の開口が湾曲した壁につくので、更に難しいです。

 

 手順としては9/1にまず暖炉の後ろ側の壁をブロックでつくり、コンクリートの基礎を打って型枠をセットし、版築をつくり、その中に耐火レンガと鉄板で炉をつくります。

 

 約90cmと高さは高くありませんが、開口との取り合いで型枠を何段にするかこれから型枠詳細の検討が必要です。

 

 9月に入り、工事が始まりましたら手順をご紹介させていただきます。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  


遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 20:48 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments