BLOG用01.jpg
史上最強の小舞壁・・・?
セミナー風景
竹小舞アップ
小舞壁 建て方
史

 今日、都内で第2回竹小舞講習会があり、とても有意義な一日だった。

 前回二人組で行った小舞掻きを今回は一人でも挑戦したが、強くしばるのがなかなか難しい。全力で はあはあ いいながら藁縄で竹をしばる・・・・しばり方のコツをつかむと徐々に達成感が広がる。最後みんなで組んだ壁が出来た姿を見て、とてもうれしかった。

 前回も紹介したとおり、今回の強いほうの小舞のやり方は、かなり手間がかかるが、強度は相当ありそうだ。
 間渡し竹に太い割り竹を使い、太い藁縄でがっちりしばる。押してもびくともしない。この工法は、筋交+金物より強いのでは・・・という感じだ。
しかし、通常このやり方で家をつくることは手間がかかり予算的にやられていないとのこと。今回出来た壁の強度実験もするということで、「史上最強の小舞壁」かも。
 久住さん曰く、「これだけ強ければ竹でいろんなことが出来る。みんなやらないだけ。法規は最低の基準」・・・

 お昼をはさんで、久住さんのスライドレクチャー。
10年ほど前、久住さんが 赤坂のINAXショールームでやられた赤土の版築壁のスライドも。この壁は自分が感銘を受けた壁の一つで、自分が左官に興味を持つきっかけにもなったもの。

 数々のスライドで新たな表現を作り出している作品を拝見し「左官は壁を塗っているだけではだめ。新しい表現をする能力=デザイン能力が必要。図面や絵もかけなければいけない」とのことばに納得した。
 会場から「しっくいをつくる工程でのCO2排出と、壁に塗ってからのCO2吸収はどちらが大きいのか?」という質問への答えは「ほぼ同じ」とのこと。「つくる過程でCO2排出が減らせることが出来れば、地球環境に対して画期的なしっくいとなる」・・・

 講習終了後は、各自名刺交換などの交流。コアな活動をしている人たちの連携でいろんな面白いことが、どんどん起こって欲しい。
 久住さんのお言葉「業界だけで仕事がないなんて固まっていないで、もっと社会に左官のことを知ってもらうよう働きかけ、まず自分たちで盛り上げていこう」
と元気付けられた。この方はこれだけの腕をお持ちながら、謙虚で明るく、人間的にも素晴らしい。まさしく親方中の親方である。

 自分も設計者としてもっと、土壁や左官・竹のことを追求し、社会に発信していきたいと思う。

今日の内容、左官や土壁にご興味のある方は 左官的塾ホームページを。http://home.p06.itscom.net/sakan/ 筆者の連載「未来日記」もあります。是非ご一読を・・・。 


Posted by 遠野未来 at 19:04 | - | comments(2) | trackbacks(0)

T幼稚園ゲート
sketch

T幼稚園の門のデザインイメージ。

 まだ実際は今週土曜にお話をうかがってからのスタートだが、イメージ・スケッチを始めている。
 今のこどもの施設にはキャラクターや具象の絵などがたくさんあるが、こどもが自由にイメージを膨らませることが出来る物語性のあるゲートにしたい,
 つるを絡ませたり、緑化もできれば・・・

 スケッチは怪獣・生き物・木・花・・・が絡み合う いのちのイメージ・・・素材は鉄を使い、いろんなかたちを試してみたい。

Posted by 遠野未来 at 23:30 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

ゆりかご園
ゆりかご園1 
ゆり

 今日は、連健夫建築研究室主催の「ゆりかご園心理療法棟コスモス」の見学会とフォーラムに参加、こどもと家庭環境について様々な思いをめぐらせた一日となった。

 ゆりかご園とは小田原市にある児童擁護施設で、親の事故・病気・離婚・虐待・・・など何らかの事情で家庭による養育が難しい児童を受け入れる場で、幼児から高校生まで約50人が寮や住宅で一緒に暮らしているという。コスモス館はその中で、心理療法を行う施設として昨年建替えられた木造平屋の円形平面の建物。
 今日はその見学会とそれをつくる過程を紹介し、ディスカッションするフォーラムがあった。設計者の連健夫氏はこどもの施設の設計経験も豊富で、昨年度こども環境学会で賞も取られている方。園への興味と連さんのお話を是非伺いたく、参加させていただいた。
施設の持つ意味合いの重さに非常に考えさせるところが多かった。

 まず 本では読んだことがあるものの、初めて「箱庭療法」の箱庭を実見した。各児童に時間を割り当て、児童が心理療法士と共に一対一でプレイルームのなかで一定の時間を過ごす。その一つのアイテムとして箱庭がある。こどもはその部屋においてある人形や道具で、砂の入った箱庭に自分のその日の心理状況を映し出す。
戦いごっこをする子、怒り出す子、箱庭でなく野球をする子もいる・・・・様々だが、心理療法士は基本的に「こうしなさい」という指導はしない。ただそばに居てそれを受け入れてあげる。そのことで家を失い、心理的に不安定なこどもが「受け入れてくれるひとがいる」「自分は自分でいていいんだ」・・・と心を少しずつ心を開いてゆく。
 
 目に見える急激な変化はない。それを根強く何年も繰り返し、ふと思うと「あの子変わったね・・・」といわれるような心理療法士との一対一の無意識の心の交流。精神的ショックを受けたとき、その心が回復するには、その倍の長い年月がかかるという。

 建物をつくる過程が非常に興味深い。子供たちにまず、好きなもの」をイメージしたコラージュをつくってもらう。そこから抽出された心理状態を設計者が読み取り、設計された父性である大黒柱と、母性である包み込む円形の平面。
 工事全工程は柵で囲わずにこどもに公開され、床下の炭入れ、古新聞の断熱材入れ、床と壁の仕上げ、犬走りの瓦敷き・・・など児童も工事に参加した。自分の腕を見せる場が通常ない職人さんも、子供たちの前で心意気を見せる。昔のように・・・・

 フォーラムで園長先生が言われていた。「家や家族を失ったこどもたちが「家を建てる」貴重な経験をした。ここにはこどもたちの希望や願いが込められている。こどもたちの成長にとっていい経験になれば・・・」
 家とはこどもにとっていかに心のよりどころであり、いかに大切なものか・・・その重みを感じ、胸が熱くなった。

 家とは単なる箱ではない。そこに家族の「物語」や「こころ」がなければHOUSEはHOMEにならない。これは自分の信念である。

 どんなに機能的で快適であっても、家は単なる「箱」ではない。建築を「箱」という考え方をする建築家、「箱」という言い方をする建築家に自分は断固「異」を唱える。機能の積重ねが建築だとは思わない。

 自分の建築家としての自分の使命は「箱にいのちを与えること」だと考えており、そこが自分の出発点になっている。家は家族の「物語」の場である。

家は建主さんの一人一人が主役となる家族の「物語」の舞台。設計者として、そのような場づくりのお役に立ちたいと願う。

写真:ゆりかご園心理療法棟プレイルームと箱庭、メインスペースの大黒柱

Posted by 遠野未来 at 07:50 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

裸足の保育園 2
 ランチルーム


 今朝のBLOGで書ききれなかった点をいくつか。
 
 室内の要所要所に磨き丸太があり、見るからにこどもたちがさわって楽しそう。実際大人気とのこと。
 建物は木造平屋で本来は地面から45cmほど床が上がるが、園庭の地面を木のテラスの少し下まで盛り上げ、地面と近いレベルに。・・・段差が小さく。子供たちにとって外と中がとても近く優しい。・・・

 他にも、30年以上のご経験で培われた興味深いしつらえがたくさん・・・とても参考になりました。またご紹介させていただきます。

 そうしているうち、東京葛飾区のT幼稚園さんから、園の門のデザインの依頼が・・・。
実はその日の朝、副園長先生に久しぶりにお電話したら、お留守だったところ。
まさしくシンクロニシティ。

 ご縁がある方とは、先の堂園先生のときと一緒でどこか世界がつながっている。・・・どういう話になるかお楽しみに!

Posted by 遠野未来 at 00:08 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

裸足の保育園
保育園

 昨日、幼稚園・保育園の設計の第一人者の小川かよ子先生に同行させていただき、 現在出来たばかりの保育園を見学させていただいた。

 大きな松の木が何本もある大きな敷地で木造平屋と恵まれた施設。
南側上部にに大きく窓を取り、奥の保育室をの天井を低く抑える断面で、とても明るく勉強になった。「いろいろ断面を試したが、この形状が一番光が入り、いい」とのこと。ヒノキのムク板の床での裸足保育とあいまって保育園は「こどもの家」としてつくらなければならない、というお言葉に共感。

 こどもの施設をつくる前に、「きちんと住宅やこどもの家をつくれるようにならなければいけない」との思いを強くした。小川先生、どうもありがとうございました。

Posted by 遠野未来 at 08:03 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

こども施設プロジェクト
 アルコーブ

 先日、このblogに鹿児島の「のはら園」の堂園先生のことを書いたので、ご挨拶のメールをすると、その保育園を建て替えるかもしれないし、3年後をめどにこどもと大人を含めた総合施設の構想もある・・・「勉強してください。」とありがたい激励!
 実際設計の依頼があるかないかはともかく、この3年間はこどもの施設の建築をライフワークとすべく、目標を立てていたところ。

 これから3年間、その目標に向って精進する姿をこのホームページで皆様にお伝えしていきます。よろしくお願いします。

 スケッチは現在進行形中のある小学校のアルコーブのイメージ。

Posted by 遠野未来 at 19:33 | ■こどもの家 | comments(0) | trackbacks(0)

学校ビオトープ全国大会
 発表



 今日は(財)日本生態系協会主催の全国学校ビオトープコンクール発表会に行ってきた。

 思ったより大きな会場でたくさんの参加者があり、少し驚いた。このコンクールを目標にがんばっている全国の学校も多いのだろう。
 私は午後から、以前受賞した学校のその後の発表を聞かせていただいたが、生徒たちが台本も見ずにはきはきと発表する姿を見て頼もしく思った。(大人が話すよりいい!)
 環境教育という堅苦しい感じでなく、泥んこ遊びの延長で自分たちから進んで楽しくやっているのが良かった。

 帝京短期大学教授の佐島群巳先生と、基調講演をされたドイツのギゼラ・コッホさんが異口同音に「幼稚園・保育園」での幼児期の自然体験の重要性を強調され、「幼児期の原体験がこどもの感受性をつくる」といわれていたのに共感した。学校ビオトープは小学校の環境学習での取り組みが中心だが、幼稚園・保育園部門の応募も増え、今後もっと幼児期の自然保育が重視されてゆくだろう。わが千代田区の昌平幼稚園も銀賞に選ばれていた。ビルの谷間でお米を作ったりしているようで、嬉しかった。
 土地がなくても都心でもやる気があればいくらでも自然を学ぶことが出来るはず。私が今取り組んでいる都内の幼稚園も来年あたり応募できれば・・・・と励みにがんばろうと思う。

 発表会のあとの交流会にも参加。日本生態系協会の池谷会長、前出の佐島先生、コッホ女史、NPO武蔵野自然塾の横溝さん・・・・らと夢を含めたいろんな話でしばし歓談・・・。全国でいろんな取り組みをされている方々に触れ、「自分はひとりではない」と勇気付けられると共に、もっと深く、多くの場で経験を積まねばと思う。
 
 今回知り合った方々とまた新たなプロジェクトが出来ることを祈っている。

Posted by 遠野未来 at 21:14 | ■設計・現場 | comments(0) | trackbacks(0)

竹の間 2
葦の引戸


 先日BLOGに書いた民家を移築し、竹小舞のスクリーンで部屋を囲んだ宿のデザイン・コンペ・・・残念ながら落選だった。

 建具、間仕切り全てが竹で出来た「竹小舞」の間。「竹小舞」といっても単に通常の小舞をつくるのではなく、間隔をランダムにし、縄も意匠として見せるなど竹の格子をデザインモチーフとして展開しようという試みだった。オーナーさんにはどうやってつくるのか、どういう感じになるのか、想像がつかなかったかもしれない。

 先日の葦狩りツアーに行った時、仙台で自然素材を使って家作りをしている会社のモデルハウスを二つ見てきた。どちらも自然素材・・・国産材のムクの木と塗り壁の木造住宅なのだか、断熱の仕方が異なる。

 羊毛内断熱+通気層を用い、これまでの日本の在来木造の伝統的なつくり方を継承する「タカコウハウス」と太陽熱を活用した「パッシブ・ソーラー」の考えを元に外壁に2重の通気層をとる「エアパス工法」の「四季工房」.

 自然素材をうたい文句にしている木造住宅も各社考え方の違いがあり、どちらも自然素材の家づくり雑誌「チルチンびと」をベースに化学物質を使わずに土に還る家づくりをかかげ、自社で大工さんや山をかかえ、きちんと地に足をつけて仕事をしている。
自分の場合は断熱のやり方としてこれまで前者のやり方で自然住宅を設計しており、高気密・高断熱に対し、従来の日本建築の考え方を継承した「適気密・適断熱」として、充分な断熱環境だとお施主様に満足していただいている。実際羊毛の断熱材は自然素材で湿気を吸い、とても暖かい優れものだ。

 また、宮城県はいい材木や土が手に入る・・・ということを聞き、出身者として嬉しくなった。地元の山の木をもっとみんなで使い、その地を生かしていくことをしていかねば・・・と思う。この春東京の材木屋さんを中心に立ち上がる「適材適所の会」という山を守るネットワークにも参加するつもりだ。

 写真は上記のモデルハウスで見かけた葦の引戸。これがあるなら竹小舞の引戸があってもだろう。

Posted by 遠野未来 at 00:19 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(2) | trackbacks(0)

新雑誌 「さかん」 へ
左官礼賛

 建築は「共同幻想」だ。

 施主・設計者・職人が一つの夢を共有できなければ、目指す場所に到達できない。
いくら図面や模型を使っても、できるまではその姿を想像するしかない。
そのとき「ことば」が3者の共通認識に大きな役目を果たしてくれる。

 その土地に根ざした建築とは何か、何をつくるべきか・・・建築を考え言葉にするとき、自分にとって小林澄夫著「左官礼賛」に立ち返ることが多い。結ぶことほどくこと、二つの自然、物をつくらない物づくりを、物語の始まりとしての建築、建築の生と死、言葉を取りもどす・・・
 
 氏は雑誌「左官教室」の編集長として、現代社会で失われつつあった水の神・左官に光を当て、土に関わる人々の想いを温かくそして厳しい目で伝えてきた。

 泥の詩人・小林澄夫を編集長に迎えた新雑誌「さかん」の刊行を祝い、氏の新たな展開と現代における左官の更なる発展を願っている。こころを動かす物語が、またはじまる・・・・

遠野未来

Posted by 遠野未来 at 00:15 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(2) | trackbacks(0)

竹小舞 講習会


今日 東京都左官職組合連合会主催の土壁の下地である「竹小舞」の講習に行ってきた。

 近年、日本の伝統的な土壁を単なるデザインだけでなく、構造材としても見直そうという動きがあり、2004年に建築基準法での土壁構造の壁倍率が0.5倍から、最大1.5倍まで認められた。今後土壁をどう現代に生かすか・・・という流れの中での講習会だ。
講師の先生が現在の日本左官の最高峰の久住章親方とあって、とても楽しみにしていた。

 これまで自分の作品でも竹小舞の下地は何度か行っているが、日本建築の伝統工法である貫工法を使い、木を組むところからやったのは初めてで、新たな発見がかなりあった。

 久住親方が、竹小舞の掻き方はもちろん、土台のつくり方、構造材となる間渡し竹や貫の入れ方、柱や土台のほぞの掘り込みの仕方まで細かく説明してくださった。

 1 壁中央の縦方向の貫は土壁を塗ると重みで下がるので、ほぞ穴をできれば25mm堀り、9mm(3分)は下がることを前提としてつくらなければならない。ぴたりとつくると土の重みで壁が膨れてくる。
 2 左右の間渡し竹も25mm以上堀込んで入れないと地震で揺れたとき外れてしまう。
 3 竹小舞をかく縄はしゅろと藁があるが、太い藁で編んだほうが竹と接地面積が大きくなり、強度が出る
 4 縄の編み方は6種類くらいあるが、縄で強度を持たすしばり方と、持たさないやり方があり、前者のほうが地震に強い
 5 土壁と竹小舞の強度をしばり方や塗り方で上げることは可能だが、通常の木造建築の柱と土台105mm□や120□では、木の躯体のほうが持たない。150□以上にする必要がある
 6 建築基準法の土壁の基準の竹小舞のつくり方は最低限の強度基準であり、その地域ごとのやり方でもっと強度を出すことが出来る。

・・・・などなど。
 
 自分も竹小舞は土の下地としか認識しておらず、縄のしばり方で竹小舞自体でも土壁の強度をあげることが出来ること、かなり細かい仕様の組み合わせで初めて日本建築の土壁が出来ていることを改めて知り、土壁の奥深さを感じた。
 そして、これからの左官は「単に壁を塗るのではなく、建物の構造を支える技術として土壁をとらえなければならない」との言葉が印象に残った。

 実際小舞をやってみる。藁縄でしばるにはかなり力が要り、しかもなかなかうまくしばれない。・・・二人一組でやったが一間(1.8m)をこなすのに、結構時間がかかった。 これは明らかに手間がかかる仕事だ。一見、早く安くという現代の住宅産業で、生き残ってゆけるのかとも思う。
 しかし、これは単純労働ではない。みんなで協力して竹と竹、人と人、大げさに言えば地球と家を「結ぶ」ことだ。一度やり方を覚えれば一般の方も女性でもできる仕事でもある。「結」(ゆい)ということで考え、設計者と建主さん左官さんが協力し、参加者を集めて自分たちでつくることもできる。そうしてつくった家は一生忘れないだろう。それはお金に変えられない貴重な思い出になるはずだ。
 呼吸する土壁が人の身体にいいのは、体感すれば分かることである。

 実は先にこのブログで紹介した大阪のギャラリーの土壁は竹小舞でつくろうと考えている。
「自分でつくっていかない限り、なかなかこういう仕事はないな・・・」と思っていると、今回参加された左官の方から、「関西では普通の住宅でまだこうい現場を一般的にやっている」と聞いた。

 土壁の伝統をどう現代に生かし、どう新たな表現を与えるか、・・・我々の課題である。今後この工法をきちんとお施主さんに提案し、十分理解を得て、皆さんに喜んでいただく場をつくっていければと思う。

Posted by 遠野未来 at 22:05 | ■土の建築・土壁・左官 | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments