BLOG用01.jpg
■もりのいえ 朝日が入るエントランス開口部 /Shell House Entrance Wood and Earth Wall Morning sun light

●玄関正面の土と木の壁。

朝、東側から陽が入る様子です。

 

ENT1.jpg

 

壁は土壁の下地に使った木摺板をランダムに貼ったもの。

階段との取合部分が弧を描く土壁です。

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

 

 

Posted by 遠野未来 at 16:47 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 照明組込 蕪束(かぶら束) /Shell House Lighting Center Beam

■もりのいえ 照明組込 蕪束(かぶら束)

/Shell House Lighting Center Beam

 

●最終的に照明を組み込んだ中央の蕪束の様子です。

IMG-4894.jpg

 

IMG-4901.jpg

 

今回の建物の梁は7本です。

 

ルドルフ・シュタイナーは7の数字をもとに人間や宇宙の成長と周期を説いていますが、あとからそのことを知りました。

 

7というバランスは一見不安定ですが、動きがあり運動と時間を表すそうです。

 

中央に組み込んだ照明はちょうど光が2階の床全体に広がるように、

表面から少し奥に埋め込まれています。

 

 

#かぶら束#シュタイナー#7つの梁

#Lighting Center Beam#7Beams#Rudolf Steiner

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 14:50 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

「Shell House」Velux Facebookでご紹介。

「Shell House」 VeluxさんのFacebookでご紹介いただきました。

 

https://www.facebook.com/veluxjapan

 

Posted by 遠野未来 at 17:23 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■ もりのいえ 敷地伐採材 カウンター / Shell House Thinning wood’s counter

●この現場で敷地に光を入れるため、やむを得ず間伐した赤松でサニタリーのシンクカウンターをつくりました。カウンターの扉の下は洗濯乾燥機のスペースです。

IMG-4740.jpg

 

 今回の現場では何本か切らざるを得なかった桜や唐松、赤松等の木材を上がり框やカウンター材としてポイントで使っています。

 

 赤松は構造材の梁に使うことができればベストでしたが、曲がりがうまくあわず板にして使うことに。

 

 赤松は水に弱いので本来水回りには使うのは避けたほうがいいのですが、別荘ということで使用頻度が毎日ではないことを踏まえ、面として面積が必要なこのカウンターに赤めの自然塗料を塗って使うことにしました。

 

 何より、切った材を少しでも使いたいと思いました。

先日お施主様が現場に来られたときそのことをとても喜んでくださり、ありがたく思いました。

 

 鏡の下には間接照明が入りますが、最終的な様子は改めてご紹介させていただきます。

荒い感じの白い壁は砂しっくいのスタイロ荒らし仕上げです。

 

#伐採材カウンター #Thinning wood’s counter

 

Posted by 遠野未来 at 21:16 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ版築暖炉 火入れテスト /Shell House Rammed Earth fireplace test

●今回つくった版築の暖炉に火を入れてみました。

IMG_4391.jpg

IMG_4401.jpg

 

 今回つくったのは、昔ながらの開放型の暖炉です。

 

 主に薪の量とダンパーの調整で薪の燃え方と部屋の温かさを調整して使います。やってみるとダンバーによる火の調整はなかなかむずかしそうで、もう少し使い方を検討してみたいと思います。

 

 今回煙突が真っすぐ立っているので、給気と燃えは問題ありませんが、逆に燃えすぎて薪がすぐなくなるのを薪の燃やし方でどう調整するか・・・使っていただきながら様子を見たいと思います。

 

火の粉が手前に飛ぶのを止めるファイヤースクリーンも形状を再度工夫する予定です。

 

ストーブやロケットストーブに比べ燃焼効率の悪いのはやむをえませんが、お施主様に精神的な火のある暮らしの豊かさを感じていただくことができればと思っています。

 

右側の薪置きのスペースも、床をスチールにするなど最終的に仕上げる予定です。

 

#版築暖炉 #Rammed Earth fireplace

 

======================

詳しくは

土とこどもの家をつくる設計事務所

遠野未来建築事務所 URL:   www.tonomirai.com

お問合せ e-mail:   nest@tonomirai.com  

遠野未来建築事務所   

Tono Mirai architects        Tono Mirai

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分961-27

TEL    0267-31-6264

=================

Posted by 遠野未来 at 12:07 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments