BLOG用01.jpg
■もりのいえ 長野の色土さがし
●現在工事中のもりのいえprojectで版築の暖炉を計画しています。
それに使えそうな色土がないか、現場のある軽井沢近辺で探しはじめました。

IMG_5540.jpg

IMG_5541.jpg
現場がある軽井沢は浅間土とう浅間山の噴火した黒土ですが、
先日伺った佐久市にある残土場にて、黄色の土がありました。

粘性はありませんが、版築に使えるかもしれません。
いい色になりそうな予感がします。

Posted by 遠野未来 at 06:29 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 基礎コンクリート養生中
●コンクリートスラブはコンクリート打設後、試験体のコンクリート強度が出るのを確認して脱型します。
来週6/13の予定です。 それ以降、敷地埋め戻しと浄化槽設置工事に入ります。
01-1.jpg

 敷地内の木が、ここ1ケ月でかなり繁ってきました。
気が付くともう6月・・・時間が経つのはあっという間です。

イメージ写真のような外観の姿を表わすのは秋になります。

Posted by 遠野未来 at 09:18 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■ もりのいえ・・・JIA支部大会 2016 大会奨励賞を受賞しました。

●現在、軽井沢で現場進行中のPROJECT 「もりのいえ」が、このたび今年のJIA(日本建築家協会) 関東甲信越支部大会「地域に根ざす建築作品・活動カタログ2016」 建築作品部門 大会奨励賞を受賞しました。

スクリーンショット(2016-06-04 21.07.53).png

http://www.jia-kanto.org/shibu-taikai/2016/catalog/index.html

建物はまだできていないのですが、その取組に注目して頂いたこと、そしてみなさまのご支援に心から感謝申し上げます。

==========

応募内容はこちらを御覧ください。↓

もりのいえ -Shelltering Earth -

http://www.jia-kanto.org/shibu-taikai/2016/catalog/files/pdf/10.pdf


建築の最終名称はまだ検討中ですが、今回「もりのいえ」とともに 

’ SHELL SHELTER EARTH' の意味を込めて-Shelltering Earth -という名前を付けてみました。

これまでの経過報告も兼ね、ご覧いただければありがたいです。

小さな貝のような空間がどのように実現するか、今後もBLOGやFACEBOOKでご紹介させていただきます。

今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。


遠野未来建築事務所 遠野未来

Posted by 遠野未来 at 21:11 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 基礎コンクリート 内側型枠脱型
●床スラブ以外、内側の基礎コンクリート型枠を脱型しました。

01.jpg

今回コンクリートの水分量が少なく打設は難しかったのですが、竹で突くなど丁寧な打設作業で
気泡も少なく密実なコンクリートになったと思います。

床の型枠 脱型はあと2週間待ち、再来週の予定です。
それを待って埋め戻し、浄化槽設置、外構の工事をスタートさせます。現在その準備中です。

 

Posted by 遠野未来 at 15:38 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 太鼓梁と180角の柱
● 今回の建物は巾21cmの太鼓梁の上に屋根をかける構造ですが、その梁を受けるため柱も180mm角と大きくしました。
IMG_5339.jpg
 木造住宅では通常は120mm角なので、巾と奥行きで1.5倍。面積で2倍以上の太い柱になります。
その柱が14本約1mピッチで並びます。

 20坪に満たない小さな建物でこのような太い柱を細かく立てて使うことは通常ありません。
構造上の要請からとはいえ、自分ももっと小さな部材にしたほうがよかったのでは・・・と後ろめたくも思っていました。

 先日行われた土壁セミナーで建築家の高橋昌巳さんが

「今の日本の山は4寸(120mm)角よりもっと太い木が取れるし、どんどん使わないと山も死んでしまう。木造も5寸・6寸・7寸ともっと大きな材で使うべきだ。」

といわれていて少し勇気づけられました。

 今回は円形の建物なので貫ではなく筋交構造にしましたが、その筋交とともにこの太い柱も部分部分で現しで見せたいと思っています。部屋の中でどう見えるか壁との関係もあるのでできてみないとわかりませんが

「友よそんな調子はなく、もっと力強い調子で」(*)・・・となりますかどうか・・・。

====
*「縄文的なるもの」白井晟一

 

Posted by 遠野未来 at 14:59 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments