BLOG用01.jpg
■もりのいえ はね出しスラブR型枠
●1階の床となるはね出しスラブのRの墨出しが終了し、型枠がスタート。基礎の形が見えてくました。
01.jpg
 この立ち上げ部分250mmのコンクリートの床をつくりその上に柱を建てていきます。
この床は約75cm下の基礎からはね出しています。
 明日から床の配筋がスタートします。

Posted by 遠野未来 at 13:54 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ はね出しスラブ型枠開始
●2回目の基礎コンクリート打設に向け、はね出した 床の型枠がスタートしました。

01 WEB.jpg
 これだけでも不思議な形をしていますが、これはそのベースとなる下の部分。ここに位置出しをして今度は曲げ合板で円形の型枠を立ち上げます。
ここからどうやって型枠をつくるか興味深いです。

Posted by 遠野未来 at 06:07 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 第1回基礎コンクリート打設 終了。
●先週 5/6(金)無事 終了しました。
001.jpg
 第1回めのコンクリート打設は床下の土間となる部分まで。青く見える薄い板はガルバリウム鋼板で水の侵入を防ぐための止水板です。
 本来は打継なしで立ち上げまで打つのが理想ですが、今回はこの上に更にコンクリートの床が跳ね出す通常と異なる形状になっているので、コンクリートを2回分けて打つことにしました。

 現在水を張って養生中で、2回めのはね出しスラブのコンクリート型枠を組み始めています。
今回打設したコンクリートは耐久性を上げるため、スランプ15という水が少なく、固いものを採用しました。
打設の様子は改めてご紹介させて頂きます。

Posted by 遠野未来 at 12:43 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ 瑕疵(かし)担保保証機関による配筋検査
●昨日5/2、瑕疵(かし)担保保証機関による基礎工事の配筋検査が行われました。
配筋検査.jpg
無事合格し、この後設備配管の基礎貫通部分の取付を行いました。
連休明け5/6に基礎コンクリート1回目 土間までの打設を行います。

Posted by 遠野未来 at 18:40 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

■もりのいえ Rの型板
● 木の加工場では原寸場で描いた原寸の板が切り抜かれ、Rの型板になっていました。
02.jpg
 Rの桁、Rの間柱・・・墨付けが進んでいます。
 

Posted by 遠野未来 at 10:49 | ■もりのいえPROJECT | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments