BLOG用01.jpg
草屋根は燃える?
 草屋根の仕様を検討中。

 建築基準法上、延焼のおそれのある部分という、隣地境界線から1階で3M、2階で5Mの部分は建物の壁や屋根に防火性能を要求される。草屋根の部分は「燃えない」ので問題がないと思っていたが、確認申請の検査期間に聞くと建物本体の屋根で不燃扱いになっている必要があるとのこと。

 木造の草屋根の場合の今回、防水をリボールマイティという 塗膜防水と2重アスファルト防水冷工法を検討しているが、どちらも不燃の性能規定である「飛び火認定」を取っており、延焼のおそれのある部分で使うことが出来る。リボールは防水性能も高く、環境負荷の小さい材でつくられていて最近注目されているが、残念ながら合板を使う前提での「飛び火認定」しか取得していない。アスファルト防水は合板下地でなくとも12mm以上の厚さがあれば可能であるが、金額がリボールの倍と高い。
 環境を考え合板を使わないのをポリシーにしているが、どちらを採用するか悩みどころである。

 緑化メーカーに聞くと、草屋根も冬など草が立ち枯れのとき燃えないとはいえないとのこと。土があれば不燃扱いでいいのではないかと思っていたが・・・

 草屋根仕様の悩みどころである

Posted by 遠野未来 at 06:44 | ■みらいのいえ  | - | trackbacks(0)

■自然素材の家 見学




●アトリエDEFさんの自然素材の家 土庇のある家 見学

 アトリエDEFさんは長野の工務店さんで、自然素材を扱っている工務店の先駆け的存在。以前から一度事例を見学したいと思っていた。

 今回の住宅は「真の日本のすまい」で賞もとられた、小舞+土壁の家で外壁は無塗装の杉板。
土間・照明・ストーブの設置・・・など参考になるところが多かった。
 今計画中の三浦の家でも生かせるところがありそうだ。


 以前このBLOGで書いた

「土壁の断熱は?」という問には その外側にフォレストボードという樹皮で出来た自然素材の断熱材と通気層をとる  という模範的な回答。

 森と風のがっこう エコキャビンでもそうしたが、やはり土壁の外側に仕上げ材があるときは 
土壁と通気層の組合せ  が土壁をつくる時、温暖な地域以外での現代的な住宅のつくり方だろう。
 

 




Posted by 遠野未来 at 00:47 | ■みらいのいえ  | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Bookmarks

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments